猫神様の散歩道

猫神様の散歩道

八岩 まどか 著
四六判 208ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-3244-1(4-7872-3244-4) C0039
奥付の初版発行年月:2005年06月/書店発売日:2005年06月15日

品切

お買い求めになれません

商売繁盛の招き猫、子宝の神や養蚕の神、災難を一身に背負って死んでいく身代わり猫、祟り伝説の化け猫、葬儀で棺桶を奪う猫など、いまも各地で祀られている猫神様を訪ねて由来を丹念に調べ、地域の人々の熱い信仰心をとおして、猫の霊力を生き生きと伝える。

著者プロフィール

八岩 まどか(ヤツイワ マドカ)

1955年生まれ。「旅の手帖」などで温泉ライターとして活躍。庶民の文化史、民俗史がテーマ。ほかにも匂いやセクシュアリティなど、皮膚感覚の領域にも活動を広げている。著書に『温泉と日本人』(青弓社)、『混浴宣言』(小学館)ほか。

目次

山形県 猫の宮──愛猫の供養に訪れる人が多い 岩手県 福蔵寺──地元の人々に愛される猫塚 正法寺──和尚のために大鼠を退治した猫の伝説が残る 宮城県 根古の森の猫神社──正月に子どもたちが参詣した小さな社 青龍寺──病気の和尚に卵を運んだ猫 美与利大明神──猫の島の猫神様 福島県 猫啼温泉──和泉式部がかわいがった猫が見つけた温泉 石宮の猫魔観音──化け猫も祀られれば観音様になる 猫稲荷──養蚕の守り神となった稲荷社 猫魔ケ岳──山の主は大猫だった 栃木県 日光東照宮──「眠り猫」の本家本元 群馬県 養蚕神社──名前どおり蚕を守った猫神様 埼玉県 昌福寺──寺を繁栄に導いた猫檀中 少林寺──茶釜のふたを叩いて踊った猫の恩返し 東京都 自性院──猫の顔をもつ猫地蔵を祀る寺 大信寺──三味線屋の看板猫の猫塚がある 回向院──江戸時代からペットを葬る人が多かった 豪徳寺──井伊家の殿様を招いた幸運招く猫 今戸神社──江戸の庶民に愛された今戸焼の招き猫 永久寺──明治の文士に愛された山猫の夫婦が眠る寺 琴平神社──山の上から養蚕の豊作を見守る猫神様 神奈川県 称名寺──仏典とともに船で来た唐猫 新潟県 普光寺──左甚五郎作と伝えられる「魔除けの猫面」 雲洞庵──退治された化け猫の骨も伝わる 宝光院──猫婆が改心して天女になった 南部神社──猫又権現とも呼ばれた猫神様 長野県 安宮神社──峠に石仏・石神と猫神も並ぶ 法蔵寺──袈裟をかけ念仏を唱える三毛猫がいた寺 猫石──坂上田村麻呂を助けた大猫伝説 岐阜県 高山陣屋の猫石──代官の娘を守った猫は陣屋の守り神 富山県 猫又山──大きな山猫がすむ山とは 佐味神社──娼妓に愛された猫の姿が絶えなかった境内 石川県 龍昌寺──花街の信仰を集めた猫寺 福井県 袋羽明神──化け猫と人間の知恵比べの結末は 京都府 檀王法林寺──江戸時代に信仰を集めた黒い招き猫 称念寺──満月に浮かれ踊った猫の恩返し 大原神社──蚕を守る猫石を求めて列ができた春秋の祭り 大阪府 四天王寺──大晦日に門を抜け出した木彫りの猫 住吉大社内の楠●★王へんに君★社──毎月招き猫を集めればご利益もいっぱい 和歌山県 和歌浦天満宮──江戸時代造営の社殿に彫られた「眠り猫」 兵庫県 養父神社──神職も「お猫さん」と呼ぶ猫神様 島根県  中宮神社──「猫宮」という屋号に残る信仰  転法輪寺──踊り好きな猫「おふじ」の恩返し 鳥取県  猫薬師──湖山池に伝わる長者と猫の伝説 徳島県  王子神社──受験の神様でもある猫神様  お松大権現──主人の恨みを猫が晴らした 香川県  猫塚──山の主だった猫が噴火で飛ばされて 熊本県  根子岳──猫たちが修行する聖なる山  猫宮大明神──犬との戦いに勝った三毛猫を祀る社  猫石稲荷大明神──山中に赤い鳥居が立ち並ぶ  猫の岩屋──若猫を鍛える猫仙人  生善院──相良家の化け猫騒動 鹿児島県  猫神神社──島津軍が連れていた軍猫 コラム  飼い猫の始まり  古代エジプトの猫の女神1  古代エジプトの猫の女神2  猫が死ぬと喪に服す  チーターは王様のペット  占星術と猫  黒猫は魔女の使い  猫は薬でもあった  猫の大虐殺  猫は九つの生命をもつ  猫鬼  狛犬はもともと猫族だった  猫の値段は馬の五倍!  猫と狸の関係  猫は航海の守り神  遊女に愛された猫  猫は遊女の俗称  死体を奪う猫  ヨーロッパの猫の王  謎の猫絵師  猫絵の殿様  猫好きの天皇  宮廷女官になった猫  左甚五郎と化け猫伝説  猫の葬法  猫に関わる年中行事  猫の解放令  神通力をもつ猫又  吾輩のにせ者  猫好きの浮世絵師 参考文献 おわりに