2010-10-21

第35回 スクロヴァチェフスキのブルックナー『第7』

 10月15日、東京芸術劇場でおこなわれたスタニスワフ・スクロヴァチェフスキ指揮、読売日本交響楽団の演奏会に行った。曲目はシューベルトの『交響曲第7番「未完成」』とブルックナーの『交響曲第7番』である。   席は2階RB … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき | コメントは受け付けていません。
2010-10-18

第34回 上岡敏之――ヴッパータール響の“意外な”アンコール

 10月12日、東京オペラシティの「ウィークデイ・ティータイム・コンサート11」に行った。内容は上岡敏之指揮、ヴッパータール交響楽団で、オール・ワーグナー・プロ。まず、『ジークフリート牧歌』に始まり、後半は『ニーベルング … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき | コメントは受け付けていません。
2010-09-03

第33回 飯守のブラームス

 飯守泰次郎指揮、関西フィルハーモニー管弦楽団による『ブラームス 交響曲全集』(フォンテック、FOCD9476/8)が発売された。特に何も考えずに、まず「第1番」の頭を鳴らしてみた。すると、響きもたっぷりしていて透明感も … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき | コメントは受け付けていません。
2010-08-23

第32回 セヴラックのヴァイオリン曲

 先日、お店であるCDを発見した。帯の背文字に「プーレ」とあったので、ヴァイオリニストのジェラール・プーレらしいということはすぐにわかった。そのうえにサラサーテ、ファリャと並んでいるので、内容もだいたい想像はついたのだが … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき | コメントは受け付けていません。
2010-08-20

第31回 盤鬼が盤鬼でなくなる?

  最近、とある人からこう言われた。「平林さんは最近もっぱらオープンリールテープからの復刻をやっていますが、そうなると、盤鬼ではなくなるんですか?」。確かに、ここ最近発売した復刻盤はすべてオープンリールからのもので、近々 … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき | コメントは受け付けていません。
2010-07-20

第30回 新潟へ行くの巻

 先週の7月8日から11日まで新潟を初めて訪れた。最初の予定は2泊だったが、8日木曜日の夜に立川志の輔の公演があったので、それに合わせて1日余計に泊まったわけである。志の輔はたっぷり三席やってくれ、特に最後の「柳田格之進 … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき | コメントは受け付けていません。
2010-07-13

第29回 新旧ヴァイオリニスト

  先日、たまたま店頭で新人らしきヴァイオリニストのCDを見つけた。ハンブルク生まれのザブリナ=ヴィヴィアン・ヘプカー(Sabrina-Vivian Hopcker(oはウムラウト付き))。年齢は不明だが、写真から20代 … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき | コメントは受け付けていません。
2010-04-21

第28回 ムターを聴く

  4月19日、サントリーホールでアンネ=ゾフィー・ムターのリサイタルを聴いた。ピアノはCDと同じランバート・オルキス、曲目はブラームスの3つのソナタだった。   舞台に出てきたムターは気品があり、美しくて凛々しく、豊か … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき | コメントは受け付けていません。
2010-04-15

第27回 祝! 『クラシック100バカ』増刷

 このメール・マガジンも、ずいぶんと間があいてしまった。昨日、青弓社から「『クラシック100バカ』を増刷します」と連絡があった。これは2004年秋に出版して、ほどなく増刷されたので、今回は第3刷ということである。といって … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき | コメントは受け付けていません。
2010-01-10

第26回 もっとセッション録音を!

 最近発売されたユベール・スダーン指揮、東京交響楽団のブルックナーの『交響曲第7番』(ファイン・エヌエフ/SACDシングルレイヤー=NF61202、通常CD=NF21202)を聴き、その演奏と録音のすばらしさに感動した。 … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき | コメントは受け付けていません。