『自殺の歴史社会学――「意志」のゆくえ』公開書評会のお知らせ

貞包英之/元森絵里子/野上元『自殺の歴史社会学――「意志」のゆくえ』(青弓社、2016年)の出版を記念して、公開書評会をおこないます。医学史や、心や労働の問題の社会学、社会学理論などの専門家から忌憚ないコメントをいただいて、フロアとともに自殺問題や社会学方法論を考えていきたいと思います。

参加はどなたさまも歓迎です。参加者数を把握する都合上、事前にお申し込みくださるようお願い申し上げます。

貞包英之(山形大学)/元森絵里子(明治学院大学)/野上元(筑波大学)

 

『自殺の歴史社会学』公開書評会

日時:
2017年2月22日(水) 13時―17時

場所:
明治学院大学 白金キャンパス 1551教室(予定)
アクセス http://www.meijigakuin.ac.jp/access/

その他:
参加費無料、要事前申し込み

コメンテーター:
山田陽子(広島国際学院大学)
池田和弘(日本女子大学) ほか調整中

内容(予定):
(1)コメンテーターのコメントと著者応答
(2)フロアからの質疑応答と全体討論

※終了後、懇親会(品川)を予定しています。

申し込み・問い合わせ先
元森絵里子 motomori*soc.meijigakuin.ac.jp(*を@に変更してください)

2月15日(水)までに、
①お名前
②ご所属
③emailアドレス
④懇親会参加の有無
を上記メールアドレスまでご連絡ください。

 


 

『自殺の歴史社会学』書誌情報

四六判 288ページ 並製
定価:2000円+税
ISBN978-4-7872-3409-4 C0036
奥付の初版発行年月:2016年11月/書店発売日:2016年11月17日

内容紹介

厭世死、生命保険にかかわる死、過労自殺、いじめ自殺という4つの事例をもとに、20世紀初頭から現在までの自殺と社会をめぐる語りを跡づける。それを通して、遺族の悲嘆をよそに、自殺を能弁に語ってしまう日本社会の歴史的な屈曲を明らかにする。

目次

序章 「意志」のゆくえ 貞包英之
 1 自殺と「意志」の関わり
 2 自殺の「意味」
 3 自殺の理論の検討

第1章 自殺を意志する――二十世紀初頭における厭世自殺 貞包英之
 1 厭世自殺という謎
 2 自殺を診断する
 3 自殺を隠す
 4 厭世自殺を装う
 5 厭世自殺の衰退?

第2章 自殺を贈与する――高度成長期以後の生命保険に関わる自殺 貞包英之
 1 自殺の「貨幣化(ルビ:マネタイズ)」
 2 生命保険の変質と浸透
 3 贈与としての死
 4 エコノミーの変容

第3章 自殺を補償する――二十一世紀転換期の過労自殺訴訟 元森絵里子
 1 過労自殺という社会問題
 2 自殺の「意志」の現代的転換――精神障害と法的免責、社会問題化
 3 過労自殺の社会問題化――「過労死」から「過労自殺」へ
 4 過労自殺の法理論――過重労働→精神障害→自殺のリンケージ
 5 過労自殺の運用――曖昧化される社会問題化と精神医療化
 6 「意志」をめぐる布置の変化

第4章 自殺を予見する――現代のいじめ自殺訴訟と子ども・教育 元森絵里子
 1 いじめ自殺というスキャンダル
 2 いじめ自殺裁判の立論とその困難――損害賠償請求裁判というアリーナ
 3 自殺と学校の責任のミッシングリンク――予見可能性の壁をめぐる初期の攻防
 4 予見可能性の判断――判断基準のゆるみと維持
 5 下がる予見可能性の壁、揺るがぬ法規
 6 子どもの意志、教育の責任

第5章 自殺に対応する――さまざまな現場、無意識の協働 野上 元
 1 自殺の対応――「現場」に注目すること
 2 自殺に対処する――何が起こったのか
 3 自殺を判定する――これは自殺か
 4 自殺を報知する――誰に何をどのように知らせるべきか
 5 自殺対策を推進する――誰が誰を救うのか
 6 自殺対応の社会学のために

あとがき 元森絵里子