2016-04-27

はじめに 幻の紀元2600年記念万国博覧会

暮沢剛巳(東京工科大学教員・美術評論家)  日本では現時点までに5回の万国博覧会が開催されている。いうまでもなく、最初は1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)だが、その後も75年の沖縄国際海洋博覧会、85年の国 … 続きを読む

カテゴリー: 幻の万博, 連載 | コメントは受け付けていません。

2016年5月の2ヶ月後は7月です
――『アガンベンの名を借りて』(と『スタシス』)を刊行する理由

高桑和巳  高桑和巳と申します。フランスとイタリアの現代思想を研究・紹介しています。仕事のなかでは、とくに翻訳に力を入れています。フランスについてはミシェル・フーコーやジャック・デリダを、イタリアはもっぱらジョルジョ・ア … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に, 連載 | コメントをどうぞ
2016-04-25

第2回 事例1 2.5次元ミュージカル/舞台――2次元と3次元での漂流

須川亜紀子(横浜国立大学教員。専攻は文化研究。著書に『少女と魔法』〔NTT出版〕など) アニメといえば日本!……2.5次元ミュージカル/舞台といえば? “2.5次元”という用語をアニメ・漫画ファン以外にも認知させたのは、 … 続きを読む

カテゴリー: 2.5次元文化論, 連載 | コメントをどうぞ
2016-04-20

第2回 木村拓哉と『さんタク』

太田省一 (社会学者。著書に『紅白歌合戦と日本人』〔筑摩書房〕、 『中居正広という生き方』『社会は笑う・増補版』〔ともに青弓社〕など) ドラマからバラエティーへ 「星に当たってしまった少年」。前回は、宮崎駿が語ったこの言 … 続きを読む

カテゴリー: 木村拓哉という生き方, 連載 | コメントをどうぞ
2016-04-01

風化させてはならない宝塚の記録
――『白井鐵造と宝塚歌劇――「レビューの王様」の人と作品』を書いて

田畑きよ子  白井鐵造は、いまも歌い継がれる「すみれの花咲く頃」の訳詞者であり、宝塚歌劇一筋にその基礎を築いた人物でもある。そのために白井の研究者は後を絶たず、さらに、白井の自伝『宝塚と私』(中林出版、1967年)、そし … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に, 連載 | コメントをどうぞ
2016-03-23

第2回 タイム・トラヴェルは決定論を招き寄せる――氷河の世界の憂鬱

浅見克彦(和光大学教授。専攻は社会理論、社会思想史。著書に『時間SFの文法』〔青弓社〕など) 過去の「改変」というのはありうるのか  今回は、決定論的な世界像について紐解いてみようと思います。もちろん、わたくしの本(『時 … 続きを読む

カテゴリー: 深読み時間SF論, 連載 | コメントをどうぞ
2016-03-14

第1回 木村拓哉と『ハウルの動く城』

太田省一 (社会学者。著書に『紅白歌合戦と日本人』〔筑摩書房〕、 『中居正広という生き方』『社会は笑う・増補版』〔ともに青弓社〕など) はじめに  2014年から15年にかけてこの青弓社ウェブサイトで連載された「中居正広 … 続きを読む

カテゴリー: 木村拓哉という生き方, 連載 | コメントをどうぞ
2016-03-11

第6回 乃木坂46が紡ぐ「個人PV」という織物

香月孝史(ライター。著書に『「アイドル」の読み方』〔青弓社〕、アイドル関連の記事多数)  乃木坂46結成後、初めて撮影されたミュージックビデオ(以下、MVと略記)は、「会いたかったかもしれない」という曲だった。AKB48 … 続きを読む

カテゴリー: 乃木坂46論, 連載 | コメントをどうぞ
2016-03-10

第1回 「ループもの」から決定論の問題を考える

浅見克彦(和光大学教授。専攻は社会理論、社会思想史。著書に『時間SFの文法』〔青弓社〕など) 「ループもの」って何?――巷の整理への疑問  去年、暮れもおしせまったころ、『時間SFの文法』を上梓しました。で、この作品の裏 … 続きを読む

カテゴリー: 深読み時間SF論, 連載 | コメントをどうぞ
2016-03-01

予告 新連載「木村拓哉という生き方」が今月からスタート!

太田省一 (社会学者。著書に『紅白歌合戦と日本人』〔筑摩書房〕、 『中居正広という生き方』『社会は笑う・増補版』〔ともに青弓社〕など)  アイドル、アーティスト、俳優、ファッションリーダー……時代の最前線で常に輝き続け、 … 続きを読む

カテゴリー: 木村拓哉という生き方, 連載 | コメントは受け付けていません。