2002-04-11

太田省一『社会は笑う――ボケとツッコミの人間関係』
テレビっ子は語る

 そもそも文章を書くという行為がそうなのかもしれないが、書いてみてはじめて自分の書きたかったことに気づかされることがある。ましてや一冊の本ほどの分量にもなると、その感はいっそう深い。だから今回書いてみてそうした感覚になっ … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に | コメントは受け付けていません。
2002-02-15

延吉 実『司馬遼太郎とその時代――戦中篇』
「他人の秘事」と文学と

 戦前期の大阪市浪速区は、司馬遼太郎こと福田定一の〈わが街〉であった。その街は、1945年(昭和20年)3月13日深夜から翌14日未明にかけて、アメリカ軍が大量に投下した焼夷弾で焼け野原になった。第一次大阪大空襲である。 … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に | コメントは受け付けていません。
2001-11-10

大串夏身『文科系学生のインターネット検索術』
分野・テーマごとのリンク集を

 書き終わってまず感じたことは、これからインターネット上の情報検索を効果的におこなうためには、分野・テーマごとに優れたリンク集を作る必要があるということだ。  情報量が多くなるだけでなく、検索のための索引が精密になると、 … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に | コメントは受け付けていません。
2001-10-19

佐々木陽子『総力戦と女性兵士』
女性の兵力化は「前進」か?

 本書は、ナショナリズムの要請によって創出された第二次世界大戦時の女性兵士に焦点をあてている。アメリカは「同時多発テロ」を契機に、いま、アフガニスタンのタリバンとの戦争につき進んでいる。この「新しい戦争」と呼ばれるアフガ … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に | コメントは受け付けていません。
2001-08-01

金子 淳『博物館の政治学』
「博物館人の非政治性」への実践的な批判

 「博物館は政治的な存在である」と言うと、どのような印象を持たれるだろうか。青弓社の本を好んで読まれるような方はおそらく、「何をいまさらあたりまえなことを」と思われるだろう。あるいは、もしかすると、昨今の「カルスタ」の洗 … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に | コメントは受け付けていません。
2001-07-01

浅見克彦『愛する人を所有するということ』
所有の罪を背負った愛

 愛を論じた書物はごまんとあるのに、さらにその数を増やしてしまった。「もううんざりだ」という声が聞こえてきそうだ。でも、著者が言うのもなんだけれど、この書き物にはそれなりに独自性があると思う。  この書き物は、性愛を思想 … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に | コメントは受け付けていません。
2001-04-19

坪井秀人『偏見というまなざし』
「偏見」を語ること、「箱」を超えること

 『偏見というまなざし』というこの本の企画は、編集者の林桂吾さんが名古屋にいたときに私の研究室に何度かきて、ひととおりいまの文学や思想の状況について雑談を繰り返したあと、「なにかおもしろい本が出せないかなあ」という思いを … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に | コメントは受け付けていません。
2001-02-10

落合真司『中島みゆき・円環する癒し』
プロの境界線

 わたしはプロの音楽ライターではない。たとえばコンサートリポートを書く場合、プロの音楽ライターなら「ブレイクするきっかけとなったシングルの『○○○』をステージでどのように唄うかが、今回コンサートを観るわたしのテーマだった … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に | コメントは受け付けていません。
2000-12-20

鶴岡英理子『宝塚ゼミ00年』
宝塚ゼミ24時間開放中!

 真夏だったのに・・・そう思いながら空を眺めている。なんだか気がついたら冬で、気がついたら2000年、ミレニアムイヤーの終わりが近づいていた、そんな気分なのだ。でも手元に一冊の本がある。 『宝塚ゼミ00年』  駆け抜けた … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に | コメントは受け付けていません。
2000-10-30

奥村敏明『文庫パノラマ館』
文庫放浪記

 土曜日になると神保町の雰囲気が変わる。街にはスポーツ用品や楽器を目当てにやって来る若い人がめだつ。古書街にも遠方からの人が多くなって、街は普段着からよそゆきの顔になる。そんな日はこちらもよそゆきの顔をしていつもと違う街 … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に | コメントは受け付けていません。