2015-07-02

第55回 貧すれば鈍する

 著作隣接権が切れた音源を、LPやテープから復刻しているマイナー・レーベルがいくつかあるのはご存じだと思う。私はそのレーベルの1つであるGRAND SLAMを2000年から継続しているのだが、今年(2014年)半ば頃から … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき, 連載 | コメントをどうぞ
2015-06-25

第54回 追悼、ジョン・マックルーア

 ブルーノ・ワルター、レナード・バーンスタイン、イーゴル・ストラヴィンスキーなどの録音を多数手がけたアメリカ・コロンビアの元プロデューサー、ジョン・マックルーアが6月17日、バーモント州ベルモントの自宅で亡くなった。84 … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき, 連載 | コメントをどうぞ
2015-06-18

第53回 招待席に巣食う妖怪たち

 たまに「仕事柄、たくさん演奏会に行けていいですね、うらやましい」などと言われることがある。年間を通じて数多くの演奏を、用意された招待席で聴けるのは業界関係者の特権でもあるだろう。でも、これが決していいことだけではない。 … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき, 連載 | コメントをどうぞ
2015-06-11

第52回 幻のカリンニコフ

 ヴァシリー・カリンニコフ(1866―1901)はロシアの早世の作曲家。残された作品は非常に少ないが、『交響曲第1番』はその魅惑的な旋律によって最近では人気が高い。演奏もしやすいと見えて、アマチュア・オーケストラでもとき … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき, 連載 | コメントをどうぞ
2015-06-04

第51回 とりあえず、ひと区切りか

 2008年3月に発売された拙著『クラシック名曲初演&初録音事典』(大和書房、A5判、368ページ)が品切れとなった。前書きにもあるように、この本は約12年かけて完成させたものだった。校正も、下書きの原稿がかかった時間に … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき, 連載 | コメントをどうぞ
2015-05-28

第50回 フランス・ターラの主宰者、ルネ・トレミヌの訃報に驚く

 今日は午前中に、あの、めんどうな確定申告書を提出(まだe-Taxではない)、午後はなかなかエンジンが稼働しない感じで仕事を進めていた。ところが、そこにびっくりするようなニュース、それもとっても悲しい知らせが届いた。近年 … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき, 連載 | コメントをどうぞ
2015-05-21

第49回 佐村河内騒動について

 昨日から、佐村河内守が作曲した作品が、実はすべて他人が書いたものだったとのニュースが大きく報道されている。私はこのニュースを聞いたとき、レコード会社はさぞや大変だろうなと思ったが、それ以外のことについて、たとえば憤ると … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき, 連載 | コメントをどうぞ
2015-05-14

第48回 日本ムラヴィンスキー協会の天羽健三さん逝く

 日本ムラヴィンスキー協会の事務局長だった天羽健三(あもう・けんぞう)さんが2014年1月23日、76歳で永眠された。  私が天羽さんと初めて会ったのは、2000年の初頭だと記憶する。以後、もっぱらエフゲニー・ムラヴィン … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき, 連載 | コメントをどうぞ
2015-05-07

第47回 『フルトヴェングラーを追って』、発売後2週間で増刷決定!

 拙著『フルトヴェングラーを追って』(青弓社、2014年)が発売後、わずか2週間で増刷が決定した。これは、単純にうれしい。無論、初刷も第2刷も部数は少ないのだが、この出版不況のなかにあっての増刷は、ちょっと胸を張ってもい … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき, 連載 | コメントをどうぞ
2015-04-30

第46回 書き下ろし、『フルトヴェングラーを追って』が完成

 2014年1月22日に、拙著『フルトヴェングラーを追って』(青弓社、四六判、288ページ、定価2,000円+税。参考〔http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872 … 続きを読む

カテゴリー: 盤鬼のつぶやき, 連載 | コメントをどうぞ