人生は満たされつつある建築で溢れている

人生は満たされつつある建築で溢れている

鳴海 雅人 著
B5変 150ページ 並製
定価:2000円+税
ISBN978-4-7872-9244-5 C0095
奥付の初版発行年月:2017年03月/書店発売日:2017年03月15日

近日刊行予定

他のオンライン書店で予約
※リンク先の書店では、お取り扱いしていない場合があります。あらかじめご了承ください

アマゾンHonyaClub紀伊國屋BookWebブックサー ビスhontoセブンネットショッピングe-hon楽天ブックス | 文教堂JbooksライブドアブックスTSUTAYA

人生は「生きた物語」であり、「建築をつくることは、その場所の物語をつくること」――この信念で、毎年、多くの図書館や医療施設、市庁舎、大学校舎、生涯学習センターなどを設計してユニークな建造物を出現させている建築家の思索の束を、新鋭の画家・夜久かおりの絵画とともに一冊に収める。

著者プロフィール

鳴海 雅人(ナルミ マサト)

1958年、青森県生まれ。佐藤総合計画執行役員。主に公共建築のコンペやプロポーザルから設計監理まで、100件以上に関わる。グッドデザイン賞、BCS賞、建築学会選奨、JIA賞、公共建築賞、図書館建築賞など多数を受賞。著書に『人生は満たされない建築で溢れている』、共著に『触発する図書館』(ともに青弓社)、『予感の形式』『つなぐまちづくりシビックデザイン』(ともに日刊建設通信新聞社)、『ほんものづくり』(建築ジャーナル)など。