現役俳人が選んだ上位句集女性俳人この一句

女性俳人この一句 現役俳人が選んだ上位句集

柳川 彰治 編著
四六判 232ページ 並製
定価:2200円+税
ISBN978-4-7872-9214-8 C0092
奥付の初版発行年月:2013年05月/書店発売日:2013年05月24日

品切

お買い求めになれません

「雪の朝二の字二の字の下駄の跡」と「蜻蛉釣きょうはどこまで行ったやら」は、それぞれ何位か。加賀千代女や杉田久女、三橋鷹女をはじめ活躍中の脂がのりきった現役までの作品を対象に全国の現役俳人が投票した360作のうち得票上位作品193を解説付きで所収。

著者プロフィール

柳川 彰治(ヤナガワ ショウジ)

静岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。監査法人に数年勤務。その後、公認会計士・税理士として独立。転じて現在、著述・編集を業とする。数冊連続して俳句歳時記の編集に携った経験を契機に以後俳句の世界に没入。主な著書に『日本経済の本質を見る目』(ガイアブックス)、編著に『読本・俳句歳時記』(産調出版)、『松尾芭蕉この一句』『私の好きなこの一句』(ともに平凡社)、『与謝蕪村この一句』(青弓社)ほか。

目次

まえがき

本書の読み方
得点上位作品

あとがき

作品索引