特集 さよなら早霧せいな&咲妃みゆ宝塚イズム35

宝塚イズム35 特集 さよなら早霧せいな&咲妃みゆ

薮下 哲司 編著, 鶴岡 英理子 編著
A5判 170ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-7400-7 C0374
奥付の初版発行年月:2017年06月/書店発売日:2017年06月01日

近日刊行予定

他のオンライン書店で予約
※リンク先の書店では、お取り扱いしていない場合があります。あらかじめご了承ください

アマゾンHonyaClub紀伊國屋BookWebブックサー ビスhontoセブンネットショッピングe-hon楽天ブックス | 文教堂JbooksライブドアブックスTSUTAYA

お披露目から3作連続で大劇場稼働率100%以上を達成し、『るろうに剣心』などの有名マンガ作品の舞台化を見事に成功させてきた雪組の大人気トップコンビ・早霧せいな&咲妃みゆ。華やかで涼しげな美貌と熱い内面を併せ持つ早霧と、柔らかな愛らしさのなかに芯の強さを見せる咲妃は、抜群の相性でいくつもの名シーンを生み出し観客を魅了してきた。2人の7月退団を前に、特集ではそれぞれの魅力や舞台の思い出、2人の奇跡的なコンビネーションなどをとことん語り、雪組が誇るゴールデンコンビに別れの言葉を贈る。

小特集1では、刊行時に大劇場お披露目中の星組トップ紅ゆずると相手役・綺咲愛里への期待を語り、小特集2では『モン・パリ』誕生90周年で脚光を浴びるレビューの独特の魅力に様々な角度から迫る。さらにOGロングインタビューには、元星組トップ北翔海莉が早くも登場! 多彩な公演評に加えて新人公演評や舞台写真所収のOG公演評も盛り込んで、大満足間違いなしの一冊。

著者プロフィール

薮下 哲司(ヤブシタ テツジ)

映画・演劇評論家、元スポーツニッポン新聞社特別委員、甲南女子大学非常勤講師。毎日文化センター宝塚講座担当。著書に『宝塚歌劇支局1』『宝塚歌劇支局2』『宝塚伝説2001』(いずれも青弓社)ほか。宝塚歌劇公演評(「毎日新聞」関西版夕刊)を連載中。ブログ「薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス」(http://ameblo.jp/takarazukakagekishikyoku/)

鶴岡 英理子(ツルオカ エリコ)

演劇ライター。著書に『宝塚のシルエット』、編著書に『宝塚ゼミ』シリーズ(ともに青弓社)ほか。インタビュー記事なども多数。