〈戦後〉の音楽文化

〈戦後〉の音楽文化

戸ノ下 達也 編著
A5判 308ページ 並製
定価:3000円+税
ISBN978-4-7872-7385-7 C0073
奥付の初版発行年月:2016年01月/書店発売日:2016年01月25日

在庫あり
時代を象徴する事象と音楽の関わり、転換点になった歴史的なイベント、市民生活で育ってきた合唱・演奏文化、ポピュラー音楽の展開など、戦後70年とこれからの音楽を考えるという視点からキーワードとコラムを選んで、コンパクトに解説する読む事典。

版元から一言

戦後、音楽は人々を励まし、楽しませ、生活に根づき、広がり、多様化・細分化してきた。戦前から占領期、復興期、高度経済成長からバブル崩壊、失われた十年、そして現在にいたる歴史の歩みとともに、音楽文化の豊かな可能性が花開いてきている。

敗戦70年を契機にして、これからの音楽を考える素材を手に入れるべく、本書では時代を象徴する事象と音楽の関わり、転換点になった歴史的なイベント、教育現場や市民生活で育ってきた合唱・演奏文化、ポピュラー音楽の展開、劇的に変化してきたメディア環境などから、基本知識100項目を選んでコンパクトに解説する。

[取り上げる項目の例]

○戦前
国民合唱/ニュース歌謡/浪花節/玉音放送

○占領期
戦災孤児/アメリカ音楽/日本合唱連盟/「青い山脈」/美空ひばり/『NHK紅白歌合戦』

○復興期
うたごえ運動/ゴジラ/BC級戦争戦犯/ジャズブーム/東京混声合唱団/日本レコード大賞

○高度経済成長期からバブル
安保闘争/御三家/東京オリンピック/『みんなのうた』/CMソング/ビートルズ/日本武道館/『スター誕生』/ジャニーズ/カラオケ/ディスコ

○平成
J-POP/ゴスペル/ゲーム音楽/K-POP/AKB48/「YouTube」/ボーカロイド/東日本大震災

これらに加えて、演歌、レコード産業、音楽教育、ライブハウス、アニメソングといった事象もコラム形式で補足する。

それぞれの項目は、音楽史・歴史学の専門家が平明な文章で要点をまとめる。戦後の音楽文化を一冊で見通すことができる読む事典。

※時代背景の執筆:上田誠二/河西秀哉/酒井健太郎/吉原 潤

著者プロフィール

戸ノ下 達也(トノシタ タツヤ)

1963年、東京都生まれ。洋楽文化史研究会代表幹事。専攻は近・現代日本音楽史。著書に『「国民歌」を唱和した時代』(吉川弘文館)、『音楽を動員せよ』(青弓社)、『戦時下音楽界の再編統合』(音楽の世界社)、編著に『日本の吹奏楽史』、共編著に『日本の合唱史』『総力戦と音楽文化』(いずれも青弓社)、『「戦う音楽界」』(金沢文圃閣)、資料復刻の編・解題として『音楽文化新聞』(金沢文圃閣)など。また、演奏会の企画・プロデュースにも注力している。

目次

はじめに

Ⅰ アジア・太平洋戦争
 靖国神社
 浪花節
 国民学校芸能科音楽
 股旅物・任侠歌謡
 国民合唱
 アジア・太平洋戦争期のラジオ放送――『ニュース歌謡』『職場のうた』
 決戦非常措置要綱
 必勝歌
 少国民
 空襲・原子爆弾
 玉音放送・降伏文書調印

Ⅱ 占領期
 連合国軍総司令部
 アメリカ軍キャンプ・将校クラブの音楽
 日本劇場・国際劇場
 アーニー・パイル劇場
 岡晴夫
 日本国憲法公布
 「リンゴの唄」
 引き揚げ・復員
 逆コース
 国民体育大会――スポーツの復興と国民体育大会
 NHK全国学校音楽コンクール
 夜の女――こんな女に誰がした
 笠置シヅ子
 戦災孤児
 ヒロシマ
 ナガサキ
 ゼネスト・労働運動――労働運動の台頭と勤労者の音楽
 学習指導要領
 全日本合唱連盟
 全日本吹奏楽連盟
 シベリア抑留
 のど自慢――素人の歌声が響く国民的お楽しみ会
 「青い山脈」
 原水爆禁止運動
 『ラジオ歌謡』
 美空ひばり
 三人娘
 音楽隊
 労音
 フォークダンス
 朝鮮戦争・特需
 テネシーワルツ
 LPレコード
 『紅白歌合戦』
 ミッチーブーム
 男声カルテット――「ハモリ」の文化を育む歌声

Ⅲ 復興期
 サンフランシスコ講和条約と日米安保
 『君の名は』
 ゴジラ
 テレビ放送
 うたごえ運動
 BC級戦犯
 ジャズブーム
 集団就職
 多様な「リズム」――流行歌の多彩な魅力の源
 石原裕次郎・太陽族
 東京混声合唱団
 浪曲歌謡
 ロカビリー旋風
 日本レコード大賞
 音楽教室――早期教育と音楽普及の現場

Ⅳ 高度経済成長からバブル経済へ
 安保闘争
 御三家
 『みんなのうた』
 CMソング――時代の空気と生活が聞こえる
 民謡・ご当地ソング
 エレキブーム
 東京オリンピック
 ビートルズ
 グループサウンズ
 明治百年
 「懐メロ」ブーム
 日本万国博覧会(大阪万博)
 日本武道館
 ディスカバー・ジャパン
 札幌オリンピック
 沖縄
 ラジオ深夜放送
 『スター誕生!』
 テレビの歌謡番組
 FM放送
 音楽・芸能プロダクション
 ジャニーズ
 音楽祭・音楽フェスティバル
 ザ・ドリフターズ――『8時だョ!全員集合』『ドリフ大爆笑』
 花の高三トリオ
 ポプコン
 キャンディーズとピンク・レディー
 ニューミュージック
 ロック
 ウィンドオーケストラ――吹奏楽の展開
 メセナ
 ヒップホップ
 カラオケ
 ディスコ
 大喪の礼

Ⅴ 平成
 J―POP
 ゴスペル
 ストリートミュージシャン
 ゲーム音楽
 長野オリンピック
 K―POP、韓流――韓流はブームから定着へ
 モーニング娘。・AKB48
 動画投稿サイト
 VOCALOID(ボカロ)
 東日本大震災

参考文献一覧

Column
 儀礼・礼式
 軍歌・戦時歌謡
 演歌
 レコード産業
 戦後の童謡
 歌謡曲
 戦後のクラシック――声楽
 戦後のクラシック――器楽
 戦後の邦楽
 戦後のオーケストラ
 戦後のオペラ
 戦後の作曲
 校歌・市町村歌・県歌・団体歌
 応援歌
 ドラマの音楽
 音楽ホール
 ライブハウス
 アニメソング
 音楽メディアの変遷
 音響
 復興と音楽