江戸泥絵・横浜写真・芸術写真トポグラフィの日本近代

視覚文化叢書 3
トポグラフィの日本近代 江戸泥絵・横浜写真・芸術写真

佐藤 守弘 著
A5判 216ページ 上製
定価:3600円+税
ISBN978-4-7872-7300-0 C1372
奥付の初版発行年月:2011年03月/書店発売日:2011年03月31日

在庫あり
近代日本で都市や自然を写し取った江戸泥絵、横浜写真、雑誌メディア、芸術写真などのイメージ群を素材にして、場所を描く視覚表象=トポグラフィが流通したことで人々は環境をどう意味づけ、消費したのかをあぶり出し解明する視覚文化論。

著者プロフィール

佐藤 守弘(サトウ モリヒロ)

1966年生まれ。京都精華大学デザイン学部准教授。専攻は芸術学、写真史、視覚文化論。共訳書にジェフリー・バッチェン『写真のアルケオロジー』、共著に『写真空間1』(ともに青弓社)、論文に「擬写真論」(「美術フォーラム21」第20号)、「〈転地〉としての考現学採集」(「SITE ZERO/ZERO SITE」第3号)など。

目次

序章 トポグラフィと視覚文化
 1 視覚文化論の射程
 2 本書の構成

第1章 トポグラフィとしての名所絵――江戸泥絵における都市の表象
 1 泥絵の研究史
 2 名所絵というメディア
 3 泥絵の形式面
 4 見晴らしと見通し
 5 流通する都市表象

第2章 観光・写真・ピクチャレスク――横浜写真における自然景観の表象
 1 横浜写真小史
 2 科学のまなざし、自然のスペクタクル
 3 ピクチャレスクという規範
 4 写真・観光・博覧会

第3章 伝統の地政学――世紀転換期のマスメディアにおける京都の表象
 1 「太陽」と地理学的想像力
 2 消費される風景
 3 過去に定位される都市
 4 伝統の地政学

第4章 郷愁のトポグラフィ――一九一〇年代の芸術写真における山村風景の表象
 1 世紀転換期における芸術写真運動
 2 可視化される国土
 3 写生と風景
 4 ピクトリアリズムと〈表現〉の神話
 5 ノスタルジアのメカニズム

終章 風景からトポグラフィへ
 1 風景と文化概念の変容
 2 トポグラフィの視覚文化論に向けて

あとがき

索引