「死」と「記憶」のはざまに写真の孤独

写真叢書
写真の孤独 「死」と「記憶」のはざまに

伊勢 功治 著
四六判 244ページ 上製
定価:2400円+税
ISBN978-4-7872-7288-1 C0372
奥付の初版発行年月:2010年07月/書店発売日:2010年07月22日

在庫あり
ジャコメッリ、古屋誠一、オノデラユキ、野口里佳、太田順一、石内都……。見る者の心を動かし、奪い、突き放し、温める写真を撮り続けている作家を多数紹介して、作品が語るテーマ性とそこから浮かび上がる「生と死」「記憶」を読み解く評論集。

著者プロフィール

伊勢 功治(イセ コウジ)

1956年、富山県生まれ。中央大学経済学部卒、桑沢デザイン研究所卒。グラフィックデザイナー、桑沢デザイン研究所非常勤講師。伊勢功治・詩/柳智之・画『天空の結晶』(思潮社)、「一九二〇─三〇年代の日本の写真雑誌」(『写真空間』シリーズ連載、青弓社)。

目次

写真の孤独――ジャコメッリと須賀敦子の出会いから

セルフポートレート――自己への眼差し

古屋誠一『Memoires1983』と『冬の旅』

写真、〈場〉ヘのオマージュ――写真集『夕張』と『風知草』を巡って

八戸からのプロヴォーク――ICANOF「メガネウラ MEGANEURA」展報告

宮本常一にとっての民俗学と写真――『宮本常一写真・日記集成』を見ながら

オノデラユキの写真的実験――オノデラユキ写真展/国立国際美術館

「この星」に見たもの――野口里佳写真集『この星』/写真展「飛ぶ夢を見た」

王権の及ばぬところの花、ささやき――太田順一写真集『化外の花』までの道

揺れる「carnation」――関美比古のこと

我が心の遺影――西井一夫氏への追悼文

溶断と溶接の境界――写真家石内都について

初出一覧

あとがき