ロラン・バルトと写真の彼方へ『明るい部屋』の秘密

写真叢書
『明るい部屋』の秘密 ロラン・バルトと写真の彼方へ

青弓社編集部 編
四六判 256ページ 上製
定価:3000円+税
ISBN978-4-7872-7248-5 C0372
奥付の初版発行年月:2008年08月/書店発売日:2008年08月25日

在庫あり
ロラン・バルトの遺作であり写真を主題とした『明るい部屋』が刊行されてから四半世紀以上が経過したが、いまだにその衝撃力は色褪せていない。さまざまな論者による論考を集成し、『明るい部屋』を照射することでバルトの写真論の可能性を浮き彫りにする。

目次

はじめに 青弓社編集部

第1章 『明るい部屋』のなか

私はここで暮らしたいと思う 原 広司

ロラン・バルトの部屋 小林康夫

第2章 『明るい部屋』の光

まなざしの対位法 鈴村和成

ロラン・バルトの哀悼――『明るい部屋』における写真論と自伝の相互作用について 川島建太郎
 1 「私」による写真論
 2 『失われた時を求めて』――物語構造
 3 『告白』――母の死
 4 「プンクトゥム」と愛と死と
 5 ディオニュソス的狂気
 6 光のなかへ

光の記憶 千葉文夫
 1 きょうの天気
 2 光を見ること
 3 写真の光

第3章 『明るい部屋』の真実

現前という狂気――ロラン・バルト『明るい部屋』再読 梅木達郎
 1 問題の所在
 2 トートロジーの論理と探求の行方
 3 前言撤回と全体の構成
 4 現実と真実――写真の構造と指示対象
 5 指示対象と狂った現実
 6 写真あるいは現前の誇張法――結びにかえて 

写真と実在、そして真実――ロラン・バルトによる写真の実在論 岡本源太

第4章 『明るい部屋』の外

蝶の採集 城殿智行
 1 「標本」の特殊性
 2 知らせること
 3 「採集者」「標本」「観客」
 4 《ある晩……》
 5 分類しがたい「標本」
 6 欲望をかきたてること
 7 「ストゥディウム」
 8 悟り(傍点2字)
 9 不意に捉えること
 10 採集される人
 11 平板な死
 12 ポーズ
 13 鷹揚な精神分析
 14 「まなざし」
 15 分け隔てるもの、「歴史」
 16 飼い馴らされた「標本」
 17 「私的なもの」/「公的なもの」
 18 似ているということ
 19 光線、色彩
 20 明るい部屋

ベルナール・フォコンとロラン・バルト 竹内万里子
 1 「二重の不幸」から
 2 エテロロジー、あるいは異種起源学
 3 抵抗と構築

第5章 『明るい部屋』の時間

ロラン・バルト『明るい部屋』考察――写真の時間と「狂気」 滝沢明子
 1 写真と時間の関係
 2 「驚き」をもたらすもの
 3 「時間差」と「事後性」
 4 写真のなかの死
 5 時間からの解放

言語と写真――ロラン・バルトの『明るい部屋』における時間遡行の意義 松本健太郎
 1 言語とイメージ
 2 写真における“言語の外部”
 3 「温室の写真」
 4 写真と時間

写真、バルト、時間――『明るい部屋』を読み直す 長谷正人
 1 「瞬間」という神話
 2 プンクトゥムという時間
 3 写真的時間のダイナミクス