原爆・「慰安婦」・強制収容アジア系アメリカと戦争記憶

アジア系アメリカと戦争記憶 原爆・「慰安婦」・強制収容

中村 理香 著
四六判 300ページ 上製
定価:3000円+税
ISBN978-4-7872-3420-9 C0036
奥付の初版発行年月:2017年07月/書店発売日:2017年07月15日

近日刊行予定

他のオンライン書店で予約
※リンク先の書店では、お取り扱いしていない場合があります。あらかじめご了承ください

アマゾンHonyaClub紀伊國屋BookWebブックサー ビスhontoセブンネットショッピングe-hon楽天ブックス | 文教堂JbooksライブドアブックスTSUTAYA

2016年のオバマ大統領による広島訪問や、北米での「慰安婦」碑設置運動など、アジア太平洋戦争時の暴力とそのリドレス(補償是正)をめぐる動きは、日米での重要なトピックスであり続けている。

しかしながら、日本の戦争責任を追及しながら米国の軍事加害を批判したり、米国発の一面的・一方向的なリドレスの希求が、オリエンタリズム的日本批判につながることを危惧する在米アジア系の人々の存在は、日本ではほとんど伝えられていない。

本書は、「アメリカ帝国」への批判的視座から、日本の植民地支配や戦争犯罪、軍事性暴力を問う北米アジア系の人々の声を、日系や在米コリア系の作家・研究者・政治家・運動家などの言説をとおして検証する。北米の地でアジアを出自とする人々によってつむがれた原爆投下、「慰安婦」制度、朝鮮人皇軍兵士、日系人強制収容をテーマとするこれらの語りが、太平洋横断的なリドレスの希求と連結を開く可能性を提示する。

著者プロフィール

中村 理香(ナカムラ リカ)

成城大学経済学部教授。東京大学大学院人文科学研究科を経て、米国ラトガース大学英語圏文学科博士。専攻はアジア系アメリカ研究。共著に Trans-Pacific Japanese American Studies (University of Hawai`i Press)、『憑依する過去』(金星堂)、『アジア系アメリカ文学を学ぶ人のために』(世界思想社)、『ネイションを超えて』(岩波書店)、訳書に『ローザ・パークス』(岩波書店)など。