食と科学の社会学リスクを食べる

リスクを食べる 食と科学の社会学

柄本 三代子 著
四六判 264ページ 並製
定価:2000円+税
ISBN978-4-7872-3406-3 C0036
奥付の初版発行年月:2016年07月/書店発売日:2016年07月15日

在庫あり
「食べる」という日常生活を取り囲む社会的・経済的・政治的な背景を解きほぐし、不安とリスクコントロールを迫る科学言説の問題性に切り込む。食の安全・安心をめぐるリスクコミュニケーションの限界と可能性を照らし出し、食をめぐるリテラシーを提言する。

版元から一言

いまコンビニで食品を手に取れば、「脂肪を燃やす」「血糖値を抑える」「肌に潤いを」という言葉とともに、ラクトフェリンやヒアルロン酸などの成分が提示されている。私たちは「食べ物と科学を食べる時代」に生きているのである。

健康食品、遺伝子組み換え食品、ヘルスケア産業、マグロ水銀報道、水俣病、BSE、中国冷凍餃子事件、セシウム濃度……。「食べる」という日常生活を取り囲む社会的・経済的・政治的な背景を解きほぐし、「健康であれ」というメッセージが人々に不安=リスクをどのように提示しているのかを明らかにする。そして、「リスクコントロールをして正しい市民たれ」と私たちに迫る健康言説の問題性に切り込み、食の安全・安心をめぐるリスクコミュニケーションの限界と可能性を照らし出す。

あるときには照れくさくてくすぐったい、でも懐かしい家庭の味を思い出し、あるときには「まずい」とげんなりしながらも笑いあう。不安・リスク・科学から距離をとり、「食べる」という豊かな営みを私たちの手に取り戻すリテラシーを提言する。

著者プロフィール

柄本 三代子(エノモト ミヨコ)

宮崎県生まれ。東京国際大学准教授。専攻は文化社会学、消費社会論、メディア論。著書に『リスクと日常生活』(学文社)、『健康の語られ方』(青弓社)、共著に『ニュース空間の社会学』(世界思想社)、『〈つながる/つながらない〉の社会学』『いのちとライフコースの社会学』(ともに弘文堂)、『文化としてのテレビ・コマーシャル』(世界思想社)、『健康ブームを読み解く』(青弓社)など。

目次

はじめに

第1章 食とリスクのマトリクス
 1 〈権利/手段としての健康〉の棄損、〈責務/目的としての健康〉の推進
 2 新自由主義のもとでの戦略としてのヘルスケア
 3 食のリスクをめぐる関心と不安の高まり――政策技術の変容
 4 食とリスクのマトリクス

第2章 食べることと知識
 1 食べることについて社会学で扱うということ
 2 リスク論の系譜
 3 リスク論におけるカルチュラリズム
 4 人々の知識という問題圏
 5 状況づけられた解釈――私にとっての真理

第3章 市民とは誰か
 1 シティズンシップをめぐる規範性の問題
 2 上から権威づけられたシティズンシップと「よき市民」
 3 非市民の構築――規範性Ⅲの困難
 4 見えない恐れへの連帯は可能か

第4章 テクノフーズの氾濫――科学を食べなさい
 1 私たちは本当にそれを欲していたのか
 2 テクノフーズ誕生の歴史的背景
 3 「三次機能」が(ヒト生体に対してではなく)社会的に機能するための条件
 4 テクノフーズへの期待が高進する二十一世紀
 5 「科学的精度」ではなく「言説的精度」の問題
 6 私的領域の問題としてではなく

第5章 リスク“ディス”コミュニケーション――正しく食べなさい
 1 「食べてはいけない」と風評被害
 2 事実経過
 3 実際にはどのように報じられたか
 4 リスク“ディス”コミュニケーションの本質
 5 〈現在化した未来〉における変更可能性
 6 政策・技術としてのリスクコミュニケーション
 7 〈現在化した未来〉で負わされる責任

第6章 永遠のゼロリスクと禁断のゼロリスク――正しく消費しなさい
 1 消費者市民社会の狭隘さ
 2 禁断のゼロリスクと科学的正しさイデオロギー
 3 対立的に語られる科学と価値
 4 リスクをめぐるコミュニケーション
 5 隷従と忖度を超えた胃袋の連帯は可能か

おわりに