若者の海外経験の意味を問うグローバル人材とは誰か

グローバル人材とは誰か 若者の海外経験の意味を問う

加藤 恵津子 著, 久木元 真吾 著
四六判 320ページ 並製
定価:2600円+税
ISBN978-4-7872-3397-4 C0036
奥付の初版発行年月:2016年03月/書店発売日:2016年03月05日

在庫あり
留学などで海外に渡る若者は多いが、行政や企業が強く求めるグローバル人材像と当事者たちとの意識のずれは大きい。インターネット調査とフィールドワークから「普通の若者」の海外経験の意味と実態を抽出し、キャリア形成の多様な過程の必要性を提起する。

版元から一言

国際的な産業競争力を向上するために「内向き志向」を改善して海外に目を向け、語学力やコミュニケーション能力、主体性をもつことを期待される若者=グローバル人材。近年では、文科省や経産省がその育成に力を注ぎ、経団連が必要性を訴えている。
留学も含め海外に渡る若者は現在でも多いのにもかかわらず、行政や企業が強く求める「グローバル人材」とはいったい誰なのか。
海外滞在経験をもつ若者ともたない若者へのインターネット調査と、カナダやオーストラリアに実際にやってきた若者へのフィールドワークを組み合わせて、「普通の若者」にとっての海外経験の意味をすくい取り、期待される「グローバル人材」とのズレに、階層やジェンダーという、「若者の意識」だけには還元できない問題があることを明らかにする。そして、「グローバル人材」といった特権的な人材層の育成だけに目を向けるのではなく、若者のキャリア形成の多様性を確保しながら、若者に広い視野を与える環境づくりの必要性を指摘する。

著者プロフィール

加藤 恵津子(カトウ エツコ)

1965年、埼玉県生まれ。国際基督教大学教授。専攻は文化人類学、ジェンダー研究。著書に『「自分探し」の移民たち』(彩流社)、『〈お茶〉はなぜ女のものになったか』(紀伊國屋書店)、The Tea Ceremony and Women's Empowerment in Modern Japan(RoutledgeCurzon)など。

久木元 真吾(クキモト シンゴ)

1970年、神奈川県生まれ。公益財団法人家計経済研究所次席研究員。専攻は若者の社会学、比較社会学。共著に『大学生のためのキャリアデザイン入門』(有斐閣)、『いのちとライフコースの社会学』(弘文堂)、論文に「不安の中の若者と仕事」(「日本労働研究雑誌」第53巻第7号)など。

目次

はじめに 加藤恵津子

第1部 若者は「内向き」か?――インターネット調査からみる若者の海外経験と人生 久木元真吾

第1章 若者にとっての海外経験
 1 海外に行くということ、行っていないということ
 2 海外経験が豊富な若者たち
 3 海外経験が(ほとんど)ない若者たち
 4 若者たちにとっての海外経験の意味

第2部 「外」に向かう人びと――フィールドワークからみる若者の海外経験と人生 加藤恵津子

第1章 「自分探し移民」とオーストラリア、カナダ――「あれもこれも」の魅惑と困惑
 1 「海外」としてのオーストラリア、カナダ
 2 誰が「外」に来るのか?――日本の若者たちのプロフィール
 3 若者の「人生の場」としてのオーストラリアとカナダ――揺さぶられる三つの境界線
 4 「やりたいこと」「仕事」「自分」の三位一体化

第2章 「自分探し移民」と「グローバル人材」――〈自分〉と〈企業〉をめぐるジェンダー・階層
 1 「自分探し移民」とは誰か
 2 女性化する「自分探し移民」
 3 「グローバル人材」言説と男性性(ルビ:マスキュリニティー)
 4 ジェンダー内格差と「自分優先」という選択

第3章 「グローバル市民」のスゝメ――帰国者も、移民も、移動者も
 1 日本企業と「自分探し移民」の間のギャップ
 2 海外経験と自己肯定感・自己推進力
 3 「グローバル人材」か「グローバル市民」か
 4 帰国者・移民・移動者を含めた「グローバル市民」のスゝメ

あとがき 加藤恵津子