「平成」論

青弓社ライブラリー 82
「平成」論

鈴木 洋仁 著
四六判 240ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-3375-2 C0336
奥付の初版発行年月:2014年04月/書店発売日:2014年04月30日

在庫あり
元号と時代意識が結び付かず、内実を語ることばが見つけられない「平成」の奇妙なわからなさ・フラットさを、経済・歴史・文学・報道・批評の5つの視点から解き明かし、「平成的とはどのようなことか」に迫る天皇制論抜きの異色の元号・現代社会論。

著者プロフィール

鈴木 洋仁(スズキ ヒロヒト)

1980年、東京都生まれ。2004年、京都大学総合人間学部卒業、同年、関西テレビ放送入社、10年、ドワンゴを経て、現在は、東京大学大学院学際情報学府博士課程、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属共生のための国際哲学研究センター(UTCP)研究協力者(独立行政法人国際交流基金勤務)。専攻は歴史社会学。論文に「元号の歴史社会学・序説――「明治の精神」を事例として」(「東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究」第86号)など。

目次

序 章 『「平成」論』とは何か
 1 平成四半世紀
 2 本書の構成
 3 時代区分の消失
 4 「元号」と「西暦」の非対称性
 5 「平成」vs「昭和」vs「戦後」
 6 「平成」のイメージ

第1章 「平成的」な経済
 1 「平成不況」か「バブル崩壊」か「失われた十年」か
 2 バブルのイメージ
 3 「平成不況」は、いつ始まったのか
 4 いつから「失われた十年」なのか
 5 「平成的」な経済から歴史へ

第2章 歴史としての「平成」
 1 「平成」と「歴史」
 2 「元号」と「西暦」の補完関係の消失
 3 「平成」における「歴史」
 4 「平成史」は可能か

第3章  「文学」における「平成」
 1 「平成文学」はどこにある?
 2 「文学」はどこにいるか
 3 日本語における文学と社会
 4 「明治文学」の誕生
 5 「平成文学」は可能か

第4章  「平成時代」のニュース
 1 個人的な体験
 2 ぼくの失敗
 3 「ニュースとは何か」とは何か
 4 誰が「殺して忘れる」のか

第5章  「平成批評」の諸問題
 1 そのことばは誰のために費やされるのか
 2 「浅さ」と「深さ」の間で
 3 「ゼロ年代」の「評論家」
 4 「平成」の「オレオレ批評」

終 章 『「平成」論』とは何か再び
 1 再び個人的な体験から
 2 本書の社会学的な意義
 3 『「平成」論』とは何か
 4 個人的な体験へ

参考文献一覧

あとがき