恋愛ドラマとケータイ

青弓社ライブラリー 79
恋愛ドラマとケータイ

中村 隆志 編著
四六判 244ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-3367-7 C0336
奥付の初版発行年月:2014年01月/書店発売日:2014年01月22日

在庫あり
ケータイ機能の高度化・複雑化によって、私たちのコミュニケーションはどう変容してきたのか。ケータイ利用の文脈や背景、ケータイと身体との関係性を探るべく、恋愛ドラマや歌詞でのケータイ表象に注目して分析し、人々とケータイとの距離感を描き出す。

著者プロフィール

中村 隆志(ナカムラ タカシ)

新潟大学人文社会・教育科学系教授。専攻は情報メディア論、ケータイ論。著書に『ケータイ・コミュニケーションと公共空間の変貌』(新潟大学人文学部ブックレット)、共著に『人文学の現在』(創風社出版)、論文に「非言語コミュニケーションとしての「ケータイのディスプレイを見る」行為」(「情報文化学会誌」第14巻第1号)、「モバイル広告・ケータイサイトに関する口コミ経路の調査」(「情報通信学会誌」第27巻第3号)、「「ケータイのディスプレイを見る行為」に対する非許容・保留・許容」(「情報社会学会誌」第7巻第2号)など。

目次

はじめに 中村隆志

第1章 ときめきの波――恋愛ドラマとケータイの歴史 中村隆志
 1 恋愛ドラマ
 2 ケータイが登場する典型的シーン
 3 資料化
 4 時代区分
 5 第一期:ユビキタス通話導入期――一九九六―二〇〇〇年
 6 第二期:メール普及・前期――二〇〇一―〇四年
 7 第三期:メール普及・後期――二〇〇五―〇七年
 8 第四期:情報の共有・共感期――二〇〇八―一二年
 9 ときめきの波

第2章 イノベーションとしてのケータイ普及と恋愛ドラマにおける変遷 本條晴一郎
 1 多様化してきたケータイ利用と恋愛ドラマ
 2 ケータイの普及と採用者カテゴリー
 3 携帯電話普及率と恋愛ドラマの時代区分
 4 ケータイによるコミュニケーションのコンテクスト度
 5 二〇一三年のコミュニケーションツール

第3章 ドラマで使われるケータイ 青山祐介
 1 ケータイがドラマの演出手法を変えている!?
 2 リーマンショック以降、携帯電話会社のスポンサーが激減
 3 “制作協力”という形でちゃっかり劇中に登場させる
 4 競合となる出演者にはケータイを“マスキング”
 5 ライバル社のケータイを使う刑事ドラマの悪玉役
 6 スマートフォン時代のケータイの描かれ方

第4章 恋愛ドラマのソーシャルネットワークとケータイ 遊橋裕泰
 1 恋愛は困難なほど燃え上がる
 2 干物女が恋をした
 3 素直になれる関係

第5章 ケータイの物質性と身体――「ケータイを抱きしめる」文化の一考察 伊藤 守
 1 モノとしてのケータイを考える
 2 モノとしてのケータイの進化
 3 『ホタルノヒカリ』に見るケータイと身体

第6章 ポピュラー音楽の歌詞における携帯電話の意味 谷本奈穂
 1 歌詞分析の困難と意義
 2 素材の選択
 3 携帯による恋愛が日常化する時期――二〇〇五―一二年
 4 携帯メールなどが普及する時期――一九九八―二〇〇三年
 5 携帯以前の時期――一九八五―八七年
 6 携帯電話以前・以後での相違点と類似点

第7章 恋愛のコンテンツとケータイ 中村隆志
 1 恋愛のコンテンツ
 2 ケータイと少女マンガ(天笠邦一)
 3 「an・an」の占い特集
 4 ハウツー恋愛とメール
 5 ときめきの「うねり」

おわりに 中村隆志