盛り場はヤミ市から生まれた

盛り場はヤミ市から生まれた

橋本 健二 編著, 初田 香成 編著
A5判 256ページ 並製
定価:2800円+税
ISBN978-4-7872-3364-6 C0036
奥付の初版発行年月:2013年12月/書店発売日:2013年12月20日

品切

お買い求めになれません

敗戦直後、非公式に流通する食料や雑貨などが集積し、人や金が行き来していたヤミ市は、戦後の都市商業を担う人々を育て、その後に続く新たな商業地や盛り場を形成した。フィールドワークや資料調査から、ヤミ市が戦後日本に与えたインパクトを描く。

著者プロフィール

橋本 健二(ハシモト ケンジ)

1959年、石川県生まれ。早稲田大学人間科学学術院教授。専攻は理論社会学・格差社会論。著書に『階級都市』(筑摩書房)、『「格差」の戦後史』(河出書房新社)、『新しい階級社会 新しい階級闘争』(光文社)、『階級社会』(講談社)、編著書に『家族と格差の戦後史』(青弓社)など。

初田 香成(ハツダ コウセイ)

1977年、東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻助教。専攻は都市史・建築史。著書に『都市の戦後』(東京大学出版会)、共編著に『都市計画家石川栄耀』(鹿島出版会)、『60プロジェクトによむ日本の都市づくり』(朝倉書店)、『「東京地籍図」解説』(不二出版)など。

目次

序 章 ヤミ市――戦後社会の出発点 橋本健二
 1 「戦後」イメージの原点
 2 ヤミ市とは何か
 3 ヤミ市の歴史的意義

第1章 東京の戦後復興とヤミ市 初田香成
 1 闇とヤミの間――用語としてのヤミ市の形成過程
 2 ヤミ市の確立と動揺
 3 インキュベーターとしてのヤミ市――ヤミ市を戦後にくだる

第2章 戦後都市とヤミ市――ケース・スタディ
 1 新橋――サラリーマン盛り場の誕生 初田香成
 2 新宿――ヤミ市から生まれた副都心 石榑督和
 3 渋谷――ヤミ市から若者の街へ 青井哲人
 4 吉祥寺――転機に立つハモニカ横丁 井上健一郎
 5 東京郊外の戦後復興とヤミ市 初田香成
 6 神戸ヤミ市と繁華街の形成 村上しほり
 7 引揚者マーケットの商店街形成――盛岡・桜山商店街を中心に 中島和也

第3章 ヤミ市と戦後文化
 1 ヤミ市の情景――日記に描かれた戦後・東京 橋本健二
 2 物語のなかのヤミ市 逆井聡人
 3 ヤミ市の建築――都市建築の一系譜 石榑督和/初田香成

第4章 ヤミ市研究を振り返る――松平誠氏インタビュー 聞き手:青井哲人/石榑督和

ヤミ市関係文献・資料目録

東京主要部のヤミ市地図 石榑督和