占いの原点『易経』

占いの原点『易経』

梶川 敦子 著
四六判 192ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-7872-1043-2 C0011
奥付の初版発行年月:2008年01月/書店発売日:2008年01月29日

在庫あり
『易経』は占いの書であると同時に「知恵の書」「哲学・倫理の書」として普及し、文学、芸術など日本文化へも影響を与えた。「身の程を知ることで、おのずから道がひらける」という占いの知恵を、長年の『易経』との付き合いで得た経験に基づいて講義する。

著者プロフィール

梶川 敦子(カジカワ アツコ)

東京都牛込に生まれる。白百合高等女学校卒業。芹沢光治良に師事。「死者の家」で第二回群像新人賞入選。著書『芹沢光治良の世界』『天の残像』(ともに青弓社)ほか。

目次

はじめに

第1章 易との出合い
 1 未知への恐れ
 2 赤丸老人
 3 不思議への道
 4 赤丸老人との別れ

第2章 易について
 1 成立過程
 2 日本文化と、易、五行の関わり
 3 易の仕組み――卦・象・爻
 4 「繋辞伝」
 5 五行について

第3章 日本文学と易占
 1 『古事記』と『日本書紀』
 2 おとぎ話から物語
 3 史実とフィクションの話
 4 説話

第4章 日本文化への易と五行の影響

第5章 再び岩谷赤丸のこと

おわりに

[付記]:Q&A

あとがき