2015-03-11

広告写真は時代を映し出す投射装置である
――『広告写真のモダニズム――写真家・中山岩太と一九三○年代』を書いて

松實輝彦  本書は神戸と芦屋を拠点に活躍した写真家・中山岩太が1930年に撮影した一枚の広告写真をめぐって、当時の写真界や商業美術と呼ばれたデザイン界の動向、それらを含めた視覚文化メディアがどのような反応を示し、どのよう … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に, 連載 | コメントをどうぞ