2015-02-27

ラジオというメディアの魅力
――『コミュニティFMの可能性――公共性・地域・コミュニケーション』を書いて

北郷裕美  この原稿を書いている2月21日は(僭越ながら)私の誕生日である。以前から続いている「Facebook」のタイムラインには、新年の挨拶に匹敵するたくさんのメッセージがいまも入ってきている。年齢を意識する場面は日 … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に, 連載 | コメントをどうぞ
2015-02-20

戦争の時代の化粧品広告
――『戦時婦人雑誌の広告メディア論』を書いて

石田あゆう  戦争のさなかにあっては化粧どころではない。私もそう思ってきた。女性が化粧を楽しめるのは、平和な時代であってこそだと某ジャーナリストも言って(書いて)いた。だがそれがそうとも言い切れないのではないか、というの … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に, 連載 | コメントをどうぞ
2015-02-02

複写カウンターでの1人芝居
――『〈スキャンダラスな女〉を欲望する――文学・女性週刊誌・ジェンダー』を書いて

井原あや  1月半ばに、拙著『〈スキャンダラスな女〉を欲望する』の見本が届いた。ようやくできあがったのだという安堵感と、これからこの本が人前に出るのだという緊張感が入り交じった思いでページをめくっていたとき、ふと思い出し … 続きを読む

カテゴリー: 原稿の余白に, 連載 | コメントをどうぞ